人文科学研究所イベント

人文科学研究所主催公開研究会開催のお知らせ(「18・19世紀英国の女性詩人」チーム)

日程
2018年1月13日(土)10:30~12:30
場所
多摩キャンパス 研究所会議室2
内容

講 師:       小川 公代 客員研究員
             (上智大学外国語学部准教授)

テーマ:   「Charlotte Dacre, “The Maniac”を読む」

要 旨: 今回はシャーロット・デイカーの詩 “The Maniac”を取り上げる。小説Zofloyaの著者として有名なデイカーだが、ローサ・マティルダという筆名で “Death and the Lady”などゴシック的な数々の詩を発表した。のちにジョン・キーツの“La Belle Dame sans Merci” で主題となる狂気じみたファンファタール表象はデイカーの小説や詩の主要なテーマでもあるので、その点に留意しながら詩を分析したい。 

講 師:       安斎 恵子 客員研究員
            (お茶の水女子大学非常勤講師)

テーマ:「Matilda Betham, “The Lonely Walk”を読む」

要 旨: 前回に続いてMatilda Betham (1776-1852)の詩を取り上げる。今回は1797年出版の最初の詩集Elegies and Other Small Poemsから、十代で書いた”The Lonely Walk”を読む。詩の背景は定かでないが、夕べの散策を通して、移ろう自然、感情の振幅、内省と気づきを歌うこの作品を通して、この詩人らしい瑞々しい感受性を読み取りたい。   

                                                          以   上

企画実施名義

 

人文科学研究所研究会チーム18・19世紀英国の女性詩人」