日本比較法研究所イベント

ミニシンポジウム「気候変動対策と法」開催のお知らせ(日本比較法研究所)

日程
2016年4月9日(土) 10 :30~19 :00
場所
中央大学駿河台記念館 570号室
内容

―気候変動対策と法―

講 師・テーマ:

Sandrine MALJEAN-DUBOIS (エクス・マルセイユ大学DICE所長)
「気候変動における国際法の役割」

Mathilde HAUTEREAU-BOUTONNET (エクス・マルセイユ大学教授)
「契約と気候変動」

Eve TRUILHE-MARENGO (エクス・マルセイユ大学CNRS研究員)
「気候変動における専門家の役割」

Marie LAMOUREUX (エクス・マルセイユ大学教授)
「気候変動と再生エネルギー」

児矢野マリ(北海道大学教授・口頭報告)・高村ゆかり(名古屋大学教授・口頭報告)
・鶴田順(政策研究大学院大学准教授・原稿執筆参加)
「環境条約の国内実施について―認識枠組と日本の実行」

----------------------

日  時: 2016年 4月9日(土) 10 :30 ~ 19 :00
場  所: 中央大学駿河台記念館 570号室
言  語: 英語(参加者による通訳あり)

 

※日本比較法研究所・第26回中央大学学術シンポジウムの研究プロジェクト

 「環境規制のグローバル化と実務的対応」でお招きし、ご講演いただきます。

 

★皆様のご参加をお待ちしております★

 

---------

Symposium "Challenging Climate Change: Legal Implications"

Lecturers and themes:

Sandrine MALJEAN-DUBOIS (Researcher at CNRS, Director of DICE, Aix Marseille University)
 “The role of the international Law face to climate change”

Mathilde HAUTEREAU-BOUTONNET (Professor of Law, Aix Marseille University)
 “Contract and climate change”

Eve TRUILHE-MARENGO (Researcher at CNRS, Aix Marseille University)
 “The role of the expert face to climate change”

Marie LAMOUREUX (Professor of Law, Aix Marseille University)
 “Climate change and law of renewal energy”

Mari KOYANO (Professor, Hokkaido University), Yukari TAKAMURA (Professor, Nagoya University)
“Japan's Implementation of Environmental Treaties: An Analysis of General Trends & a Case-study of Climate Change”

 

Date: 9 April 2016,  10 :30-19 :00
Venue:   Surugadai Memorial Hall , Room 570
Language: English

 

企画実施名義

第26回中央大学学術シンポジウム