研究新着ニュース

2021年02月01日

理工学研究科応用化学専攻 加藤将太さん(博士前期課程’20修了)らの論文が英国王立化学会のフラッグシップジャーナルChemical Science誌に掲載され、その号のinside coverを飾りました!

理工学研究科応用化学専攻 加藤将太さん(博士前期課程’20修了)、水上大地さん(同1年)、理工学部助教 須貝智也、同教授 不破春彦らの「海洋産ポリケチド系天然物amphirionin-2の全合成と全立体配置決定」の論文が、英国王立化学会のフラッグシップジャーナルChemical Science誌に掲載され、その号のinside coverを飾りました。本論文は編集者から注目論文としてChemSci Pickに、審査員からの高評価を受けChemical Science HOT Article Collectionにそれぞれ選出されました。また、Chemistry Europeが運営するニュースサイトChemistryViewsでもハイライトされています。本研究は高知大学・津田正史教授との共同研究で遂行されたものです。

 

【掲載論文】 Chem. Sci. 2021, 12, 872–879.

【タイトル】 Total Synthesis and Complete Configurational Assignment of Amphirionin-2

【著  者】 S. Kato, D. Mizukami, T. Sugai, M. Tsuda, H. Fuwa*

 

論文URL: http://xlink.rsc.org/?DOI=D0SC06021F

 

天然物有機化学研究室URL: https://npc.r.chuo-u.ac.jp/ 

ChemistryViews 記事 "First Total Synthesis of Amphirionin-2":

https://www.chemistryviews.org/details/news/11280822/First_Total_Synthesis_of_Amphirionin-2.html