理工学研究所新着ニュース

2021年06月08日

理工学部 精密機械工学科 松本研究室がFOOMA JAPAN 2021 AP「アカデミックプラザ」でAP賞セミグランプリを受賞しました

2021年6月1日~4日に愛知スカイエキスポで行われたFOOMA JAPAN 2021 AP「アカデミックプラザ」にて、松本研究室の発表がFOOMA AP(アカデミックプラザ)賞セミグランプリ来場者評価部門を受賞しました。

 

松本研究室は、「一定方向/一定速度のベルト駆動条件下での水道水を使用したオゾンマイクロバッブル含有氷の連続製造」というタイトルで、生鮮食品の鮮度保持を目的として、殺菌・脱臭作用があり残存性も全く無いオゾンガスを溶解させた水から生成されたオゾン氷の新たな製造方法・製氷システム開発について発表を行いました。

https://www.foomajapan.jp/academic/research/09.html

 

AP賞は、FOOMA JAPANにおける「アカデミックプラザ」において、ポスターセッションにより発表された研究を対象とし、一般社団法人 日本食品機械工業会技術委員、アカデミックプラザの来場者(主として企業人)、参加研究室の各代表による投票結果を基に、 獲得ポイントが多かった発表(複数可)に対して授与されるものです。

 

なお、FOOMA JAPAN2021は、「発想力が食の未来を変えていく。」をテーマとし、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案するものです。

 

FOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展)

FOOMA AP賞 受賞者

 

ご興味あるかたは、下記もご覧ください。

理工学部精密機械工学科 松本研究室HP