研究新着ニュース

2021年04月22日

三井住友信託銀行株式会社と「高齢社会における信託活用のグランドデザインに関する研究ユニット」を設置

 研究開発機構は、三井住友信託銀行株式会社と、豊かな高齢社会の実現に向けた信託制度の新しい活用の研究と研究成果の社会への還元を目的として、研究開発機構研究ユニットの設置にかかる契約を締結し、「高齢社会における信託活用のグランドデザインに関する研究ユニット」を設置いたしました。

 G20各国を始めとする世界各国は、生活水準の向上、医療技術の進歩等により長寿化を実現し、急速に高齢化が進行しています。日本は特にそのスピードが速く、途上国も10〜20年後には確実に高齢化を迎えることが予想されています。本研究ユニットは、高齢化に伴う社会構造の変化の中で、我が国の高齢者の皆さまが、自らの意思に基づき、安心して幸福に人生を過ごすことができる豊かな高齢社会が実現できるよう、金融包摂を実現させるため新たな信託商品や新しいサービス等、信託制度の新たな活用の研究と研究成果の社会への還元を目指すものです。

 研究開発機構は、産学官の連携による学際的共同研究を通じて、現代社会における喫緊の課題を解決できる知を生み出し、社会に還元してまいります。

プレスリリース内容は下記のとおりです。

研究開発機構にご興味をお持ちの方は、下記も併せてご覧ください。