研究新着ニュース

2019年10月23日

研究開発機構 檜山 爲次郎:デラウエア大学「Heck Lectureship」を受賞しました。

本学研究開発機構フェロー 檜山 爲次郎が米国デラウエア大学の「Heck Lectureship」を受賞し、
10月14日にデラウェア大学にて講演を行いました。

Richard F. Heck博士はデラウエア大学名誉教授で2010年のノーベル化学賞受賞者(の一人)であり、
彼の有機化学への貢献を記念して2004年からデラウエア大学が有機化学分野の研究者に授与(講演依頼)
実施しているのがHeck Lectureshipです。
受賞者はいずれも世界的に著名な化学者で、Grubbs(ロバート・グラブス カリフォルニア工科大学教授)
およびNegishi(根岸英一 パデュー大学特別教授)がノーベル賞を取っており、権威のある賞と言えます。