社会科学研究所“臨場・臨床の智”の工房―国境島嶼と都市公営団地のコミュニティ研究―

38 “臨場・臨床の智”の工房―国境島嶼と都市公営団地のコミュニティ研究―

2019年3月26日発行
新原道信 編著 中央大学出版部発行
本体価格5,800円(税別)
ISBN 978-4-8057-1339-6

惑星地球をひとつの海として、社会をそのなかに浮かぶ島々として体感するような“智"を、いかにして紡ぎ出すのか。そのための「工房」とはいかなるものか。『境界領域のフィールドワーク』『うごきの場に居合わせる』の続編となる本書は、イタリアのランペドゥーザ、宮古・石垣などの国境島嶼でのフィールドワークと、立川・砂川やイタリアの都市におけるコミュニティ研究を通じて、地球規模の複合的諸問題に応答する“臨場・臨床の智"を探求する。「社会的発明」「社会のオペレーター」の社会学、フィールド・サイエンス、「臨床の知」の哲学による〈調査研究/教育/大学と地域の協業〉の「思行(思考と行動)の冒険」についての記録である。

まえがき

序章 何をめざし、何を試みたのか
―惑星社会と“臨場・臨床の智”―
新原 道信

第Ⅰ部 “国境地域/境界領域”をめぐるフィールドワーク

第1章 国境島嶼における平和裏の戦争状態
―「同時代のこと」に応答する石垣島の反基地運動―
鈴木 鉄忠
第2章 イタリアの“国境地域/境界領域”から惑星社会を見る
―ランぺドゥーザとサンタ・マリア・ディ・ピサの“臨場・臨床の智”―
新原 道信

第Ⅱ部 都市公営団地をめぐるフィールドワーク/デイリーワーク

第3章 立川プロジェクトの始動
―新たな「契約」の行方―
阪口 毅
第4章 立川プロジェクトの展開
―立川団地での「問い」の深化―
大谷 晃
第5章 立川プロジェクトからの展開
―戦時下の昭島市域における「八清住宅」と人々の移住―
鈴木 将平
補論 いくつもの「もうひとつの立川プロジェクト」 阪口 毅・大谷 晃・鈴木 将平

第Ⅲ部 乱反射する生身のリフレクション

第6章 吹き溜まりの不定根
―「その後」の湘南プロジェクト―
中里 佳苗
第7章 「同時代のこと」に応答する“臨場・臨床の智”
―かたちを変えつつうごいていく“智”の工房―
新原 道信

むすびにかえて

あとがき