社会科学研究所グローバル・エコロジー

37 グローバル・エコロジー

2019年3月22日発行
星野 智 編著 中央大学出版部発行
本体価格2,900円(税別)
ISBN 978-4-8057-1338-9

今日、地球温暖化による気候変動や海水温の上昇、プラスチック廃棄物による海洋汚染、石油や天然ガスなど化石燃料の枯渇、森林破壊など地球生態系(グローバル・エコシステム)の危機が顕在化している現在、地球生態系の回復への取組が重要な課題となっている。本書は、生態系サービス、人口・エネルギー問題、地球の環境破壊と軍事活動、エネルギーデモクラシーとエネルギーハーベスティング、EUのエネルギー政策、持続可能な国際循環型社会の構築、中国の気候変動政策、放射性物質汚染廃棄物をめぐる問題を取り上げ、地球生態系の危機の現状とその回復への方向性を模索する。

まえがき
第1章 グローバル・エコロジーと生態系サービス 星野 智
第2章 環境問題としての人口・エネルギー問題
―人間活動が自然環境に与える負荷―
滝田 賢治
第3章 地球の環境破壊と軍事活動
―沖縄の軍事基地をめぐって― 
臼井 久和
第4章 集約から分散へ
―電力自由化、エネルギーデモクラシー、エネルギーハーベスティング―
鈴木 洋一
第5章 日本とヨーロッパのエネルギー問題
―日本とEUのエネルギー政策からの一考察―
上原 史子
第6章 持続可能な国際的循環型社会の構築に向けて 松波 淳也
第7章 中国の気候変動政策に関する研究 飯嶋 佑美
第8章 放射性物質汚染廃棄物処理の現状と課題 齋藤 俊明