社会科学研究所変容する地球社会と平和への課題

32 変容する地球社会と平和への課題

2016年3月30日発行
西海 真樹、都留 康子 編著 中央大学出版部発行
本体価格4,800円

まえがき 「積極的平和主義」の誤謬を超えて 西海 真樹
都留 康子
序論 平和学の展開とグローバル化
―「平和」と「人権」をめぐって―
臼井 久和

第Ⅰ部 世界平和と国際機構

第1章  ノーベル平和賞と国際機構 内田 猛男
第2章 文化多様性と平和 西海 真樹
第3章 国際刑事裁判所(ICC)における被害者信託基金
―平和構築の予備的考察―
望月 康恵
第4章 国際機構によるメンバーシップ制裁の進展と紛争解決 竹内 雅俊

第Ⅱ部 紛争解決への外交政策

第5章 核不拡散レジームと日本外交
―核の傘の下の被爆国―
都留 泰子
第6章 核不拡散レジームとインド
―印米原子力協力のその後―
溜  和敏
第7章 東アジア国際関係の現状分析と展望
―「中国問題」の現実的解決に向けて―
滝田 賢治
第8章 新興国の人道外交
―トルコの取り組みを事例として―
今井 宏平
第9章 コソヴォ紛争に関する議会分析とアメリカの「反戦」
―言説分析と投票行動分析を中心に―
西住 祐亮
第10章 ヨーロッパ統合と平和
―EU共通外交安全保障政策からの一考察―
上原 史子

第Ⅲ部 新たな平和への挑戦と対応

第11章 水資源・紛争・平和 星野  智
第12章 オルタ・グローバリゼーション運動のビジョン
―水正義運動の事例から―
毛利 聡子
第13章 「モバイルな」国境と領域秩序の変容
―国境機能の内部化と外部化を手がかりとして―
川久保文紀
第14章 普遍主義に内在する格差醸成とテロ誘発作用への対応の必要性 鈴木 洋一
あとがき