社会科学研究所"境界領域"のフィールドワーク-"惑星社会の諸問題"に応答するために-

27 "境界領域"のフィールドワーク-"惑星社会の諸問題"に応答するために-

2014年3月25日発行
新原 道信 編著 中央大学出版部発行
本体価格5,600円

はじめに
序章 “境界領域”のフィールドワークから“惑星社会の諸問題”を考える 新原 道信

第1部 “境界領域”フィールドワークの「エピステモロジー/メソドロジー」

第1章 海と陸の“境界領域”
--日本とサルデーニャをはじめとした島々のつらなりから世界を見る--
A.メルレル/新原 道信
(新原 道信 訳)
第2章  リフレクシヴな調査研究にむけて A.メルッチ
(新原 道信 訳)
第3章  “境界領域”のフィールドワークの「エピステモロジー/メソドロジー」 新原 道信

第2部 “境界領域”のフィールドワークの現場

第4章  構築主義的政治理論と介入のテクノロジー
-「地域化/領土化された政策」とフランス共和制-
中島 康予
第5章  国境の越え方
-イタリア・スロヴェニア・クロアチア間国境地域「北アドリア海」を事例に-
鈴木 鉄忠
第6章 もうひとつのエリジウム,あるいは異者を造りあげる感性と技術について
-コロンビア大学のキャンパス拡大とハーレムの境界の引きなおし-
中村 寛
第7章 移動の歴史的地層
-新宿大久保地域の空間の定義をめぐる差異とコンフリクト-
阪口 毅
第8章 “深層/深淵”のヨーロッパ
-オーランド,カーボベルデ,サルデーニャとコルシカにおける“境界領域”のフィールドワーク-
新原 道信
終章 再び“境界領域”フィールドワークから“惑星社会の諸問題”へ 古城 利明
あとがき