社会科学研究所現代社会理論とメディアの諸相

12 現代社会理論とメディアの諸相

2004年8月5日発行
早川 善治郎 編著 中央大学出版部 発行
本体価格 5,000円

まえがき 早川 善治郎
第一章 二〇世紀から二一世紀への現代社会学の課題 田野崎 昭夫
第二章 パーソンズのパターン変数図式とシンボリズム 松本 和良
第三章 帰納と機能 二つのシステム論
-複雑系・オートポイエーシス・内部規制をめぐって-
原田 美樹
第四章 9・11以後の武力行使と自衛隊海外派遣に関する日本人の意識変化
-イラク戦争前の世論調査データ(一九九一‐二〇〇一年)の二次分析-
種村 剛
第五章 オーストラリアの多文化主義とメディア 平川モーリス あずさ
第六章 生起する文化単位-「谷根千」幻想と地域メディア- 岡村 圭子
第七章 メディア・ローカリズムの可能性 林 茂樹
第八章 「公共であること」の変容
-地域情報の産出をめぐる北海道・札幌市の試みを中心に-
浅岡 隆裕
第九章 デジタル化時代と日本の放送界 早川 善治郎