社会科学研究所体制擁護と変革の思想

10 体制擁護と変革の思想

2001年3月31日発行
池庄司 敬信 編 中央大学出版部 発行
本体価格 5,800円

はしがき 池庄司 敬信
第1章 スミスの同感理論とホルクハイマーの啓蒙批判 和田 重司
第2章 フランス革命とイギリスの思想家たち 齋藤 俊明
第3章 エドマンド・バークと主権国家
-ウエストファリア体制擁護の論理-
高橋 和則
第4章 J.S.ミルの体制変革思想
-選挙浄化をとおして-
下條 慎一
第5章 「ジュネーヴ市民」ルソー
-『人間不平等起源論』から『社会契約論』へ-
落合 隆
第6章 ルソー型国家とジャコバン型国家との不連続
-ルソーの一般意志論とロベスピエールの論理-
鳴子 博子
第7章 プルードンの連合主義理論形成過程 横山 清彦
第8章 Φ・И・チュッチェフとクリミア戦争
-東方正教帝国復興構想の軌跡-
大矢 温
第9章 ソ連邦における体制擁護と革新の系譜 村井 淳
第10章 ロシアにおける「第三の道」としてのユーラシア主義 大木 昭男
第11章 ルソーと安藤昌益
-自然観の相違-
土橋 貴
第12章 中江兆民訳「民主国ノ道徳」考-ルソ
ー理解の導き手としてのJ.バルニ・その一面-
山田 博雄
第13章 梯明秀の三木哲学批判
-京都学派左派にみる戦時下抵抗の思想構造と射程-
中島 吉弘
第14章 韓日国境の形成過程と認識の変化 崔 長根
第15章 ピエロ・ゴベッティの自由主義革命の思想 中村 勝己
第16章 歴史的制度論の国家像とその変容
-スコッチポル&ファインゴールドニューディール期の国家と政党』(1995)を中心に-
高橋 善隆