社会科学研究所革命思想の系譜学-宗教・政治・モラリティ-

4 革命思想の系譜学-宗教・政治・モラリティ-

1996年7月25日発行
中央大学社会科学研究所 編 中央大学出版部 発行
本体価格 3,800円

まえがき
序章 なぜ革命思想を間うか 土方 直史

第一編 革命思想と宗教

第一章 ルソーの宗教論の構造
-自然宗教・福音書の宗教・市民宗教間にみられる発展とその革命性-
鳴子 博子
第二章 フランソワ・ボワッセルの1789年における社会的平等の諸原埋 高橋 誠/山田 博雄 訳
第三章 「ニュー・モラル・ワールド」をめぐるオウエナイトと教会の対立
-「ブリストル騒動」の検証-
土方 直史
第四章 Φ・И・チュッチェフとヨーロッパ諸革命 大矢 温

第二編 革命思想と政治

第五章 プルードンの国家死滅論再考
-思想のドラマトゥルギ--
横山 清彦
第六章 J・S・ミルのアイルランド政治論
-フィーニアンへの対応を中心として-
下條 慎一
第七章 ソ連邦結成についての思想と民族問題
-レーニンとスターリンの思想を通して-
村井 淳

第三編 革命思想のモラリティ

第八章 マルクスの所有変革論と未来社会像 小川 浩八郎
第九章 サルトル的「革命」をめぐって
-政治と倫理の「革命」から「解放」ヘ-
長谷川 曾乃江
第十章 S・ルークスのマルクス主義批判と1989年革命論
-〈道徳性〉の認識を手がかりにして-
中島 吉弘
終章 総括にかえて 土方 直史