社会科学研究所新着ニュース

2021年02月08日

公開研究会「君が代と日本社会―歌い継がれてきた歌詞の千年―」開催報告(社会科学研究所)

2021年2月6日(土) オンライン会議システムWebexにて、下記の公開研究会を開催しました。

【日 時】2021年2月6日(土) 14:00~16:30

【場 所】 オンライン会議システム(Webex)

【主 催】中央大学社会科学研究所(研究チーム「文化現象の政治的、歴史的、法的分析:学際的挑戦」)

 

【テーマ・報告者】 

 テーマ:「君が代と日本社会―歌い継がれてきた歌詞の千年―」


 報告者:吉田 耕一 氏(音楽評論家、作曲家)

       長与 寿恵子 氏(作曲家、ピアニスト)

 

【報告要旨】

日本社会において古くから詠い唄われ続け、明治になって新たな旋律が付与された「君が代」を、日本文化の伝統のなかに位置づけ、社会、政治、国際情勢とのかかわりのなかで考察する。ピアノ演奏や歌唱を含む充実した報告であり、君が代を私たちの抱きがちな固定観念から解放し、新しい視点のもとに見直そうとする試みであった。

報告終了後、参加者との間で活発な質疑応答が交わされた。なお、報告資料は以下のURLから入手可能である。


https://drive.google.com/drive/folders/1-TRUq3WaGbZnbPY9iRj99vdXXVkTNRRU?usp=sharing

 

(参加者数:24名)(主催チーム記)