経済研究所功利主義と政策思想の展開

51.功利主義と政策思想の展開 2011年刊

目次        
序文          
第1部 功利主義:形成と変容         
第1章 ベンサムの間接立法論 板井 広明    
第2章 ウィリアム・トンプソンにおける功利主義と経済思想 土方 直史    
第3章 シジウィック・ムーア・ピグー-功利主義・利己主義・正義の観点から- 山崎 聡    
第4章 G.E.ムーアとJ.S.ミルの功利主義論    和田 重司    
第5章 「理想的功利主義」と正義論 音無 通宏    
第2部 経済政策論:自由と公正         
第6章 ジェイムズ・ステュアートにおける「国民の精神」と経済政策 八幡 清文    
第7章 デュガルド・スチュアートの穀物貿易論と啓蒙社会の構想 荒井 智行    
第8章 リカードウ『原理』最終章の検討―第3版改訂の契機と意義― 益永 淳    
第9章 F.リストと主著『経済学の国民的体系』 片桐 稔晴    
第10章 L.ワルラスの土地国有化政策-動学理論から社会問題へ- 高橋 聡    
第11章 C.A.R.クロスランドの資本主義体制の変容に関する分析について 八田 幸二    
  -イギリス労働党におけるケインズ主義的社会民主主義の前提-      
第12章 J.E.ミードにおけるベーシック・インカム論と協働企業論の相補性 井上 義朗    
第3部 方法論的基礎:批判と認識      
第13章 ヴィクトリア朝中期におけるヘレニズム―M.アーノルドの場合― 中川 敏    
第14章 J.M.ケインズと帰納法 泉 慎一    
第15章 効用の個人間比較-論争で何が明らかになったか?- 比嘉文一郎    
第16章 帰納と経験―R.F.ハロッドにおける帰納法の展開― 伊藤 正哉