経済研究所新着ニュース

2019年03月26日

2019年3月26日開催  研究会開催報告 (現代企業制度研究会)

 2019年3月26日(火) 研究会を開催しました。

【テーマ】①「クラウドファンディングの現状と展望について」

     ②「両面市場を考える」

     ③「不確実性の高まりと総合的リスク管理(ERM)の進化」

【報告者】①松尾 順介 氏(桃山学院大学教授)

     ②北島 啓嗣 客員研究員(福井県立大学教授)

     ③後藤 茂之 客員研究員(有限責任監査法人トーマツディレクター)

【日   時】2019年3月26日(火)14:00~19:00

【場   所】後楽園キャンパス31102号室

【要   旨】

    

    14:00: 現代企業制度の総合的研究の一環として、ベンチャー企業の資金調達手段としても

          注目を浴びているクラウドファンディングの現状と展望について、この領域の

          第一人者である桃山学院大学の松尾順介氏に、その国際比較、日本における導入

          経緯、現状と課題を含めて報告をいただき、詳細な検討が行われた。

 

    16:00: 近年発展著しいビジネスモデルであり、新たなビジネス展開の「場」でもある

          プラットフォーム(Googleをはじめとする企業と消費者間に介在する市場)を

        「両面市場」と位置付ける独自の分析視角、分析結果について、客員研究員で

          ある福井県立大学の北島啓嗣氏によって、多面的な検討が行われた。

 

    18:00: 不確実性をリスク管理の視点から捉え直し、総合的リスク管理(ERM)の

          進化を跡づける著書『ERMは進化する』を発表された客員研究員である

          監査法人トーマツ・ディレクターの後藤茂之氏による明快なリスク概念の

          整理と予測・管理手法の発展過程が一つの進化論として示され、多面的で、

             学際的な議論がなされた。