経済研究所新着ニュース

2018年11月17日

2018年11月17日開催 公開研究会開催報告 (社会経済ミクロデータ研究部会・一橋大学経済研究所附属社会科学統計情報センター)

2018年11月17日(土) 公開研究会を開催しました。

 

【報告者・テーマ】

     ①小田 大輔 氏
     (総務省統計局統計調査部国勢統計課労働力人口統計室
      標本抽出係長)
     「労働力調査における外れ値対応の試み」

     ②清水 美絵 氏
     (総務省統計局統計調査部国勢統計課労働力人口統計室
      審査発表第二係 統計専門職)                      
     「平成29年就業構造基本調査の結果の概要」

     ③村上 雅俊 氏 

     (阪南大学経済学部経済学科准教授)
     「匿名データで集計・分析する2007年のワーキングプア」

     ④水落 正明 氏
     (南山大学総合政策学部総合政策学科教授)

     「学卒時の就業状態がその後の収入に与える影響」

 

【日   時】2018年11月17日(土)13:30~17:45

 

【場   所】一橋大学 国立西キャンパス 経済研究所 3階大会議室  

 

【要   旨】上記のように,労働統計をめぐる公的統計の作成と利用に

     関する問題について,4人の報告者による研究報告をもらい,

     討議を行った。最新の調査結果や外れ値処理,あるいはミクロ

     データ利用については貧困や学歴効果といった興味ある報告を

     発表してもらい,活発な議論がフロアと交わされた。

     今後の労働統計作成と個票利用に有益な知見を得ることができた。