人文科学研究所イベント

人文科学研究所主催公開研究会開催のお知らせ(「考古学と歴史学」チーム)

日程
2019年12月5日(木)13:00~15:00
場所
多摩キャンパス 4号館3階4354教室(考古整理室)
内容

講   師:   下岡 順直 氏 
                  (立正大学地球環境科学部環境システム学科助教)

 

テーマ:   「考古学研究のためのルミネッセンス年代測定」

 

要   旨:   

ルミネッセンス法を用いた年代測定には、熱ルミネッセンス(TL)法と光ルミネッセンス(OSL)法がある。考古学研究において、土器や焼石・焼土、火山灰試料にはTL法を、遺跡堆積物にはOSL法を適用して年代情報が得られている。
今回の発表では、ルミネッセンス年代測定法の原理について概説する。また、考古遺跡で行うルミネッセンス年代測定のための試料採取の留意点を整理して提示し、みなさんと議論する場を設けたいと考えている。

 

【参考文献】
奥村 輔・下岡順直

ルミネッセンス年代測定を開始するための心得−日本における年代研究の現状−、地質技術、1、5-17、 2011(web上でPDFが見られます)
 

下岡順直

熱ルミネッセンス,光ルミネッセンス,電子スピン共鳴年代測定法を利用した文化財科学研究、考古学と自然科学、76、37-55、2018
 

下岡順直

ルミネッセンス法、考古学ジャーナル、709(2018年3月号)、18-23、2018

                                     

                                                                                                                                                         以   上

企画実施名義

主催:人文研チーム「考古学と歴史学」