人文科学研究所イベント

人文科学研究所主催公開研究会開催のお知らせ(「ルソー研究」チーム)

日程
2019年6月8日(土)15:00~18:00
場所
多摩キャンパス 2号館4階研究所会議室2
内容

講   師:      永見 瑞木 氏(大阪府立大学高等教育推進機構講師)

 

テーマ:     「コンドルセと王政改革の構想」

        Condorcet et la réforme royale des années 1780.

     

要   旨:   

革命を経験した最後の啓蒙思想家として、あるいは革命期の公教育論などで知られるコンドルセ(1743-1794)だが、1770年代より科学者、哲学者として関わっていた彼の多彩な活動についてはあまり知られていない。本報告では革命前の時期を中心に、コンドルセ独特の思考回路や方法論、同時代の政治的、思想的文脈に触れながら、彼の同時代に対する問題意識の形成や改革の構想について紹介する。単なる進歩観念の主唱者に尽くされない、人間の可謬性や社会の不確実性に目を向けた漸進的な改革者としてのコンドルセの一面を示したい。


Condorcet (1743-1794) est souvent regardé comme le dernier philosophe des Lumières qui a joué aussi un rôle majeur pendant la révolution, ou bien l’auteur d’un fameux projet de l’instruction publique. Cependant, ses activités pluridisciplinaires avant la révolution ne sont pas connues autant. En montrant son parcours intellectuel, ses réflexions sur l’avenir de la société et son projet de réforme des années 1780, cet exposé vous invite à redécouvrir le philosophe en tant qu’un philosophe-réformateur, sensible autant à la faillibilité des hommes qu’à l’incertitude du monde humain.
 

 

講   師:     安田 百合絵 氏(東京大学人文社会系研究科博士課程・パリ第7大学博士課程)

テーマ:  「結節点としての内的感覚」
     Le sentiment intérieur de Rousseau   

 

要   旨:   

ルソーはその自伝的著作『告白』において、自分の「感じたこと」をいかにして伝達するかという問題に何度も直面している。「わたしという存在の連続性をしるしづける感情の連鎖」を執筆の忠実な手がかりだとするルソーは、読者にその感情を伝える方法を書きながら模索することになる。本報告では、ルソーの自伝的作品にたえず回帰するこの問いを検討する手がかりとして、「内的感覚」に言及している『道徳書簡』と「サヴォワの助任司祭の信仰告白」を分析したい。最初に『告白』第二部において問題となっていることを概観し、ついで『道徳書簡』「信仰告白」における内的感覚の伝達の試みを考察する。

 

Au cours de la rédaction des Confessions, Rousseau s’attache à communiquer aux lecteurs ses « sentiments » jusqu’au détriment de la narration des faits externes. Mais comment faire comprendre ce qu’il « sent » aux autres? Comment transmettre des choses intimes telles que ses sentiments ? Afin d’examiner ces questions, nous aborderons la notion de «sentiment intérieur ». Notre objectif est de faire apparaître un rapport entre ses œuvres philosophiques et ses « mémoires » par la notion de sentiment.

 

 

                                          以 上

企画実施名義

主催:人文研チーム「ルソー研究」

         Studies of Rousseau