人文科学研究所イベント

人文科学研究所主催公開研究会開催のお知らせ(「考古学と歴史学」チーム)

日程
2018年12月22日(土)15:00~17:30
場所
多摩キャンパス 2号館研究所会議室2
内容

講 師:       中山 誠二 氏 (帝京大学文化財研究所客員教授)

テーマ:    「縄文時代に農耕はあったのか?―今、植物考古学から
           考える―」

要 旨: 「縄文農耕論」は、日本の近代考古学の中でも非常に
            重要なテーマとして、約百年にわたって論争が続いて
            きた課題である。今世紀に入り、植物考古学の研究手
            法がめざましく発展する中で、この問題に終止符をうつ
            べき発見が相次いでいる。本講演会では、この古くて、
            新しい課題について、改めて植物考古学の最新研究
            から問い直してみたい。

 講 師:       西川 広平 研究員 (文学部准教授)

 テーマ:      「中世の地域景観を探る―文献史学を越えた試み―」


 要 旨: 歴史学(文献史学)では、中世における荘園や村落
            の景観をどのように研究してきたのか。文献史料が
            限られた地域を対象とした研究の事例をとおして、学
            際的な諸分野のデータを交えた研究手法の有効性
            について考える。

                                                                    以   上
 

企画実施名義

人文科学研究所研究会チーム「考古学と歴史学」