災害適応科学プラットフォーム開発プロジェクト新着ニュース

2019年04月04日

有川 太郎教授:インドネシア・スンダ海峡津波に関するプログラム(J-RAPID)に採択

 インドネシア・スンダ海峡津波に関する「国際共同研究・調査支援プログラム(J?RAPID)」に理工学部 有川 太郎 教授(都市環境学科)の提案が採択されました。
 本プログラムは、昨年12月12日に発生した、インドネシア・スンダ海峡津波の発生に至るメカニズムを解明するもので、有川教授は、「非地震性津波の発生メカニズムの解明」をテーマとし、ことし中頃に、船舶で山体崩壊現場周辺の海底地形を調査する予定です。
 なお、本件は2019年4月4日付のじゃかるた新聞1面に詳細が掲載されております。

有川教授の研究に興味をお持ちの方は、こちらもご覧ください。