比較法文化プロジェクトイベント

公開シンポジウム:グローバル経済の奔流に対する新たな紛争解決と法曹養成/Facing the Perfect Storm in Global Economy: Towards New Dispute Resolution and Legal Education

日程
2019年3月9日(土)/March 9 (Sat), 2019  9:50~17:00
場所
市ヶ谷キャンパス 2号館9階模擬法廷室
内容

 近時の急激かつ広範な経済のグローバル化により、ほとんどの国は、法律実務と法曹養成の両面において大きな影響を受けざるをえませんでした。とくに、国際的かつ複雑な紛争解決の制度改革と、新たに求められる資質を擁する法曹養成のための改革を余儀なくされています。

 これを受けて、中央大学研究ブランディング事業(通称「比較法文化プロジェクト」)では、新たに創造されてきた紛争解決制度と法曹養成のための改革に焦点を当て、「グローバル経済の奔流に対する新たな紛争解決と法曹養成」と題したシンポジウムを開催いたします。

 Recent drastic and widespread globalization in economy has compelled every jurisdiction to face with the perfect storm in both legal practice and legal education. In response to this, it also imposes to reform to a new resolution system for international and complex disputes as well as to produce a newly sophisticated lawyers for that purpose.

 Therefore, Chuo Law School and the government sponsored Chuo University Research Branding Project (“the Project”) jointly organize an international conference mainly focusing on innovative dispute resolution system and efforts to reform to legal education in several jurisdictions.

対象者

どなたでもご参加いただけます。

Anyone can participate in.

参加費

無料

For Free

参加手続き

以下URLにアクセスいただき、お申し込みください。

Plase go to the below URL and apply for.

https://goo.gl/forms/cfQwXYMNWm0kx4ra2

企画実施名義

主催:中央大学法科大学院

   Chuo Law School

   中央大学研究ブランディング事業比較法文化プロジェクト

   Chuo Research Branding Project Comparative Law Culture Project

プログラム

午前の部    

 9:50~10:00

開会挨拶

Welcome Message

   

福原 紀彦(中央大学学長)

Tadahiko FUKUHARA, President of Chuo University

10:00~10:40

「国際的紛争解決の変容について」

Recent Transformations in International Dispute Resolution

 

Anselmo Reye(シンガポール国際商事裁判所判事・香港大学客員教授)

Anselmo REYES, Singapore International Commercial Court (Visiting Professor at the University of Hong Kong)

11:00~11:30

「わが国における新たな紛争解決制度構築の試み」

Challenges to Building New Dispute Resolution System in Japan

 

阿部 道明(中央大学教授)

Michiaki ABE, Professor, Chuo University

11:30~11:50

「わが国における国際仲裁活性化に向けた取組」

The Efforts to Vitalize International Arbitration in Japan

          

鈴木 優(法務省訟務局国際裁判支援対策室)

Masaru SUZUKI, International Dispute Resolution Office, Litigation Bureau, Ministry of Justice

11:50~12:20

各講演に対するコメント

Comments

 

Tiong Min YEO(シンガポール経営大学教授)

Tiong Min Yeo, Professor, Singapore Management University

Chen Lei(香港城市大学教授)

Chen Lei, Professor, City University of Hong Kong

午後の部

 14:00~14:30

「新たなミドル・テンプル(ロンドン)プログラム」

Back to the Future: Middle Temple Program in London

 

小木曽 綾(中央大学法務研究科長)

Ryo OGISO, Dean, Chuo Law School

14:40~15:10

「国際紛争解決のための新たなコース」

Innovative Program for International Dispute Resolution

 

坂本 力也(日本大学教授)

Rikiya SAKAMOTO, Nihon University

15:20~15:50

「シンガポールにおける法学教育:紛争解決プログラムとカリキュラム」

Legal Education in Response to Distributing Legal Service Commodity

 

Han Wu Tang(シンガポール経営大学教授)

Hang Wu TANG, Professor, Singapore Management University

Tiong Min YEO(シンガポール経営大学教授)

Tiong Min YEO, Professor, Singapore Management University

16:00~16:30 

「21世紀の法曹養成:韓国の視点」

Legal Education in the 21st Century: Korean Perspective

 

Kwang Jun Tsche(慶煕大学教授)

Kwang Jun Tsche, Professor, Kyung Hee University

16:40~16:50

「国際的な紛争解決と比較法研究の意義」

Significance of Comparative Legal Study in Global Dispute Resolution​

 

伊藤 壽英(日本比較法研究所所長)

Hisaei ITO, Director, the Institute of Comparative Law in Japan

※日英同時通訳あり

本シンポジウムに関するお問合せ先/Inquiries

比較法文化プロジェクト研究室/Comperative Law Culture Project

hota.62e@g.chuo-u.ac.jp