社会科学研究所第10号

社会科学研究所年報 第10号(2005年度)

2006年6月発行

沿革

論文

過渡期ロシアの従業員意識分析 石川 晃弘(1)
共産主義体制下での共産党改革の比較研究
-ソ連・ポーランド・ハンガリー-
大串 敦(11)
戦争・正義・人道的介入
-倫理的な国際政治の思想と現実-
北村 治(27)
多元化社会における自由の確立と民主的正統性
-H.ヘラー, J. ロールズの社会理論と今日の憲法変動
横田 力(49)
ニューヨークにおける市民参加
-9・11テロと「都市の声を聴く」-
川久保 文紀(75)
投票率データの選択と分析
-社会変動と世代に関する日米比較に向けて-
宮野 勝(91)
動員されたボランティアとしての選挙運動 高橋 尚子(107)
地方における森林環境税制を巡る議論の動向
-神奈川県の水源環境税構想を素材として-
髙井 正(123)
多摩キャンパスにおける人工芝による環境異変考 武田 直邦(143)
戦後日本における地域社会構造の一考察
-市町村単位の主要指標の変遷を通して-
田野崎 昭夫(157)
市町合併に伴うCATV事業の拡大と住民意識
-秋田県由利本荘市を事例として-
林 茂樹(175)
岩佐 淳一
浅岡 隆裕
中平 良磨
社会科学におけるオントロジ
-その理論と研究(1)-
斉藤 孝(219)

2005年度 社会科学研究所活動記録