社会科学研究所暴力・国家・ジェンダー

39 暴力・国家・ジェンダー

2019年10月31日発行
中島 康予 編著 中央大学出版部発行
本体価格2,400円(税別)

はしがき 中島 康予
第1章 ルソー的視座から見た1792年8月10日の革命
―国王の拒否権と民衆の直接行動をめぐって―
鳴子 博子
第2章 チェルヌイシェフスキーと小説『何をなすべきか』
―「革命的民主主義者」の女性論―
大矢  温
第3章 アダム・スミス,J.S.ミル,J.M.ケインズにおける人間の幸福論と国家論
―イギリスの政治経済学説と国家―
前原 直子
第4章 エドマンド・バークを読むモーゲンソー 高橋 和則
第5章 アガンベンにおける国家 遠藤  孝
第6章 選挙の同期化による「コアビタシオン」回避と第五共和制
―半大統領制とデモクラシー―
中島 康予
第7章 相模原市県立高校設置促進運動にみる一断面
―婦人学習グループと河津市政の連携―
沖川 伸夫