社会科学研究所グローバル・ガバナンスの理論と政策

14 グローバル・ガバナンスの理論と政策

2004年12月発行
内田 孟男・川原 彰 編著 中央大学出版部 発行
本体価格 3,600円

はじめに
第一章 グローバル・ガバナンスと国連-事務局の役割を中心に- 内田 孟男
第二章 グローバル・ガバナンスの構想と批判 中井 愛子
第三章 <帝国>とグローバル・ガバナンス-グローバルな政体構成と民主主義- 川原 彰
第四章 行動的非暴力と市民防衛論-「グローバリゼーション」と草の根の危機 モナ・マイヤー オオヤ
第五章 国際政治ゲーミング・シミュレーションの考え方-その歴史と構造を中心にして- 近藤 敦
第六章 EUの環境政策過程-リージョナル・ガバナンスの制度的枠組- 星野 智
第七章 環境保全型農業-パラグアイの大豆不耕起栽培- 吉沢 四郎
第八章 地域紛争とグローバル・ガバナンス 伊藤 融
第九章 共和国・多文化主義・クレオール-クレオールの政治哲学エスキス- 三浦 信孝
第十章 地球時代とその教育
-平和・人権・共生の担い手を-「国際平和の諸条件(Ⅱ)」プロジェクト研究会(2000年4月28日報告録)-
Kenji Takita