理工学部新着ニュース

2021年02月15日

理工学部2021年度授業実施方針について

2021年2月15日

理工学部在学生及び2021年度入学予定のみなさま

理工学部長 樫山 和男


理工学部2021年度授業実施方針について


 2021年度授業実施にあたりましては、昨年12月に中央大学学長から示された全学方針に基づき、また理工学部ディプロマポリシー及びカリキュラムポリシーを考慮して、以下の通り実施することといたします。


1.学生とそのご関係者の安全安心を確保するため、対面式授業とオンライン式授業とを適切に組み合わせて実施いたします。また対面式授業を実施するにあたっては、アルコール消毒液の設置や教室内の換気、教室定員の制限(50%上限)など、3密回避の感染防止対策を徹底いたします。

2.理工学部での学びの基幹となる専門教育科目(実験・実習が中心)と総合教育科目3群(数学・物理・化学)は、できるだけ対面での授業を実施いたします。また体育実技科目も対面での授業を行います。これにより低学年生は、専門教育科目と総合教育科目3群及び体育実技科目を通じて、大学での学びの土台と励ましあう仲間をつくり、また高学年生は専門教育科目を通じて仲間たちと実験・実習を行い、学びの集大成である卒業研究を目指します。

3.対面式授業を実施する場合は、通学できない学生(本人の基礎疾患や高齢者同居世帯など)に配慮し、オンライン形式を併用するハイブリッド型の授業を実施いたします。

4.オンライン式授業では、学生の理解度を測りながら授業を進められるよう、できるだけリアルタイムでの双方向授業を実施いたします。

 

 授業実施の詳細は、2021年度授業時間割で確認いただくことになります。授業時間割は3月上旬にポータルサイト「Cplus」に公開予定ですので、在学生は3月上旬に、新入生は4月にご確認ください。
なおこの方針は、新型コロナウイルス感染症の拡大や収束の状況をはじめとする社会情勢の変化、関連法令および高等教育行政の改正により、適宜見直しを行うものといたします。


以上