応用化学科・専攻新着ニュース

2018年09月14日

理工学研究科修士1年 渡辺拓実さんが69th ISE Annual MeetingにおいてPoster Prizeを受賞

理工学研究科博士前期課程応用化学専攻1年の渡辺拓実さん(芳賀研究室)が9月2日〜7日までイタリア・ボローニャで開催された69th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (ISE)において、Poster Prizeに選ばれ、賞状と賞金を授与されました。発表は、基底状態および励起状態でのプロトン共役電子移動を示すルテニウム錯体の酸化還元挙動について電気化学的手法を用いて検討した内容です。

(1134件のポスター発表の中から23件のPoster Prizeが選ばれました)

 

【学会名】
 69th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry

 (ISE)

 

【開催時期・場所】
 2018年9月2日〜7日 the Nuovo Polo Congressuale Bologna、Bologna,

 Italy

 

【受賞ポスタータイトル】

 「Proton-Coupled Electron Transfer in Ru Complexes with Redox-Active

  Benzo[d]-imidazole-4,7-dione Derivatives」