情報工学科・専攻新着ニュース

2015年09月28日

情報工学科教授 今堀慎治が2015年度スケジューリング学会 学会賞技術賞を受賞

情報工学科教授 今堀慎治と名古屋大学 長谷陽平氏が、International Symposium on Scheduling 2015(国際スケジューリングシンポジウム)にて発表した論文「Graph-Based Heuristics for Operational Planning and Scheduling Problem in Automatic Picking System(自動ピッキングシステム運用計画作成問題に対するグラフ理論を用いた発見的解法)」が、2015年度スケジューリング学会 学会賞技術賞を受賞しました。

 

技術賞は、スケジューリング研究者の模範となる優秀な研究成果に授与されるものです。


授賞式は、2015年9月26日に青山学院大学で開催された、スケジューリング・シンポジウム2015にて執り行われました。