情報工学科・専攻イベント

理工学部教授 鈴木 寿が 国内最大規模イノベーション・ジャパン2019 医療分野にて「ステレオ内視鏡出力の多視点裸眼3D観察技術の洗練化」を展示

日程
2019年8月29日(木) 10:00~17:30、8月30日(金)10:00~17:00
場所
東京ビッグサイト 青海展示棟 Bホール
内容

理工学部教授(情報工学科) 鈴木寿による展示「ステレオ内視鏡出力の多視点裸眼3D観察技術の洗練化」が、国内最大規模の産学マッチングイベントであるイノベーション・ジャパン2019 ~大学見本市&ビジネスマッチング~の医療分野に採択されました。

 

【展示概要】

 

<技術概要>

通常の内視鏡を使用した外科手術においては、器具と対象との位置関係が不明なとき鉗子等の器具を対象へ当てて位置関係を把握しますが、ステレオ内視鏡を利用すれば光学的性能の範囲内で位置関係が視認できます。昨年の同様の展示より、洗練化しました。

 

<展示のみどころ>

外科手術における内視鏡の出力を複数者が各自の随意視点から特殊眼鏡なしで観察できる展示を通じて、一般の来場者や内視鏡を利用する医療関係者へ、スマート医療の一未来シナリオの仮想体験を提供します。

******************************************

会場では、日本全国の大学、ベンチャー、中小・中堅企業等が、500を超える研究開発の成果を展示・発表します。

同イベントは、国立研究開発法人であるJST(科学技術振興機構)およびNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が主催し、入場無料です。

 

ぜひお越しいただき、最新の技術をご覧ください。