生命科学科・専攻イベント

第19回生命科学セミナーを開催します

日程
2013年10月24日(木)16:20-17:20
場所
後楽園キャンパス 中央大学理工学部6号館6325号室
講演者
中央大学理工学部生命科学科教授
村上 浩士 先生
内容
フォークヘッド型転写因子と細胞周期制御
~減数分裂と性分化

分裂酵母は単細胞の真核生物で、遺伝子数は約5000しかなく、最も遺伝子数の少ない真核生物の一つと言われています。しかし、分裂酵母は、他の生物と同じように、栄養源が枯渇すると細胞周期のG1期で停止し、その後、性分化を行い、自分とは異なる接合型の細胞と接合し、減数分裂を行います。細胞周期の進行は、サイクリン依存性キナーゼ(Cdk1、分裂酵母ではCdc2)の活性により制御されていますが、性分化と細胞周期制御あるいは減数分裂時の細胞周期制御はまだ未解明な点が多く残されています。また、フォークヘッド型転写因子といわれるタンパク質は真核生物にほとんど存在し、様々な生理学的機能があることが報告されています。セミナーでは、このフォークヘッド型転写因子と細胞周期制御の関係について紹介します。
対象者
学生・大学院生・教員、ご興味ある方はどなたでも歓迎いたします。
定員
100名程度
参加費
無料
参加手続き
不要
企画実施名義
問合先:岩舘満雄(理工学部生命科学科 03-3817-7159, iwadate@bio.chuo-u.ac.jp)