理工学部新着ニュース

2021年09月14日

理工学部 小林一哉教授が「国際電波科学連合会長賞」を受賞しました

小林一哉教授が、国際会議「第34回国際電波科学連合総会」(URSI GASS 2021、2021年8月28日~9月4日にイタリア・ローマで開催)において、国際電波科学連合会長賞(URSI President's Award)を受賞しました。この学術賞は、URSI(国際電波科学連合)の活動と使命に対する顕著な貢献を称えるもので、URSI総会から総会までの3年間で1名選考して表彰されます。小林教授は、アジア・太平洋電波科学会議(AP-RASC)をURSIフラグシップ会議の一つとして発足させ、これを組織化し確立させたリーダーシップと不断の努力が高く評価され、このたび国際電波科学連合会長賞を受賞しました。