応用化学科・専攻新着ニュース

2020年10月07日

理工学部教授 小松晃之の論文(Highlight Review)が Chem. Lett. 誌の表紙と中表紙を飾りました

理工学部(応用化学科)教授 小松晃之の ”超小型バイオマテリアルとしての蛋白質マイクロチューブ・ナノチューブ” に関する論文(Highlight Review、総説)が、日本化学会誌 Chemistry Letters に掲載され、その号の表紙と中表紙を飾りました。

 

【掲載論文】Chem. Lett. 2020, 49, 1245-1255.

【タイトル】Protein-based Smart Microtubes and Nanotubes as Ultrasmall Biomaterials (Highlight Review)

【著  者】T. Komatsu

ご興味をお持ちの方は、以下のリンク先をご覧ください。