ロースクール授業参観

本法科大学院では、教員相互の授業参観を実施しております。
2015年度より、本法科大学院の専任教員は、2年に一度は必ず自己または他の教員の授業を参観することを義務付けております。
本制度は、以下の点を目的として実施しております。

(1)自己の授業をDVDにより参観し、特徴や改善点等を見つけ出し、授業の向上につなげること

(2)他の教員の授業を参観し、教授法や教材等について優れた取組を各自が見出し、自分の授業に取り入れていくことで、授業の改善につなげること

(3)自分の授業について、他の教員からのアドバイスを仰ぐことで、授業の改善につなげること

参観方法は、直接参観とDVD参観があり、参観後には報告書の提出を義務付けております。提出された報告書は、授業担当教員にフィードバックし、今後の授業の改善・工夫に役立てております。さらに、学期が終わる毎に、提出された全ての報告書について、本法科大学院FD委員会で検討し、組織的な授業改善にも活用しております。

授業参観の実施件数は以下のとおりとなります。

授業参観実施件数

年度 学期 実施件数
2020 前期
後期 30
2019 前期 22
後期 21
2018 前期 27
後期 16
2017 前期 20
後期 17
2016 前期 23
後期 16
2015 前期 26
後期 22
2014 前期 9
後期 3