ロースクール自己点検・評価と認証評価

本学法科大学院では、多様な項目にわたって自己点検・評価を実施して『自己点検評価報告書』を作成するとともに、外部の有識者によって構成される独自の「アドバイザリーボード」を設けています。「アドバイザリーボード」は、本学法科大学院の諮問に基づき、教育と運営の全般にわたり、充実と改善のための忌憚のない意見を示し、助言をします。
また、すべての法科大学院は、5年以内に1度、文部科学大臣の認証を受けた評価機関による評価(法科大学院認証評価)を受けることが義務づけられています。本学法科大学院は、2018年度に日弁連法務研究財団による3回目の評価を受け、2013年度・2008年度の評価に引き続き、同財団が定める法科大学院評価基準に適合していると認定されました。
『自己点検評価報告書』については、以下のとおり公開いたします。