ロースクール国際ビジネス法務セミナー

2019年度国際ビジネス法務セミナー
Effective Presentation for International Legal Practice 2019

中央大学法科大学院では、新日本法規財団のご協力を得て、法曹のみなさまの職域を拡大するための法曹リカレント教育を実施しています。
2019年度は国際ビジネス法務セミナーとして、国際ビジネス法務に関心がある弁護士の先生方を主たる対象とし、ビジネス法務に有用な、英語を用いたプレゼンテーションについてセミナーを実施します。イギリス・香港のソリシター資格を有し、イギリスのソリシター養成学校・中央大学大学院法学研究科等での講師経験や外国弁護士としての実務経験を有する講師が担当します。
企業法務部などの組織内弁護士の方や、国際ビジネス法務に関心がある一般事務所の弁護士の方(依頼者の海外展開をサポートする業務に将来従事する可能性のある方)などに最適なセミナーです。プレゼンテーションの実践だけではなく、グローバルに活躍する法曹が身につけるべきマインドも修得できるように企画されています。英語に自信がない方も、奮ってご参加ください。

【開催形態・内容】

講義は、基本的に英語で行われます(日本語を用いることもあります)。適宜、アシスタントがサポートします。

【開催スケジュール】

日程:2019年11月9日(土) 9時30分~17時00分(途中休憩を含む) 
※講座の性質上、連続受講を原則としております。
※セミナー終了後、希望があれば、懇親会(学外・有料)を開催します。

【開催場所】

中央大学市ヶ谷キャンパス(曙橋)
※教室は受講登録者に連絡します。

【受講資格・定員】

法曹資格を有する者または過去に法曹資格を有した者、2018年度以前に法科大学院を修了した者
上限30名程度

【受講料・資料】

受講料無料(資料を含む)
※資料は、受講登録をしていただいた方にデータ形式で事前配信をいたしますので、各自でご準備ください。

【セミナー講師・アシスタント】

講師:Tami McGonigal
Rinzen Project (www. rinzenproject.com) 創立者, executive coach and trainer
Solicitor of English &Wales, Hong Kong.
International Coaching Federation Certified Coach
Durham University (BA).Nottingham Law School (Post Graduate Diploma in law and Certificate of Legal Practice).
ロンドンのソリシター養成校College of Law (now University of Law) Career coach and Senior Visiting Lecturer (business law and practice, Mergers and acquistions 等)。併せてClifford Chance London, Shanghai Hong Kong で勤務し、日本においては、GE International にて国際企業法務の業務に携わり、 2016年3月まで中央大学大学院法学研究)で比較契約法の講義を担当する他、上智大学法学部、上智大学法科大学院にても講義を担当(”International Business Transactions”, “Law and Society”)。

アシスタント:椎名智彦
青森中央学院大学経営法学部准教授(英米法専攻)。
中央大学法学部卒業,同大学院法学研究科博士課程満期退学。日米法学会,比較法学会等,各会員。
アジア各国の留学生及び日本人学生を対象に,プレゼンテーションを取り入れたバイリンガル法学教育を実践。

【事前課題】

希望者のみ、事前課題に取り組んでいただく予定です。事前課題の内容は、受講登録後にお知らせします。

【申込期間・方法】

※募集を終了致しました。

2019年10月11日(金)~10月18日(金) <10月18日(金)は17時までの受付となります。>

※申込者が多数の場合には、「先着順」とさせていただき、受講登録の可否をお知らせします。申込期間内での募集締切がある場合には、その旨をウェブサイトに掲載します。

申込フォームをダウンロードし、必要事項を記入の上、2019年度国際ビジネス法務セミナー連絡先メールアドレス宛にお送りください。

 

2019年度国際ビジネス法務セミナー連絡先

cls-seminar@tamajs.chuo-u.ac.jp

【Workshop summary】

As lawyers operating in an increasingly international and competitive legal market, technical knowledge of the law alone is not enough to be successful. You can do yourself and all your years of training and hard work a disservice simply because of poor communication and presentation skills.

Having the ability to speak effectively in public (be it face to face with your audience or even digitally) is crucial for any aspiring international lawyer’s personal and professional development.

Very few people including lawyers have a natural talent for effective presentation. If you find speaking in public difficult or intimidating, or if you are simply looking to develop further your skills (e.g. in the context of presenting know-how, conducting commercial negotiations, client pitches, internal meetings etc.), this programme is for you.

In this workshop, Tami Irokawa McGonigal, will share her knowledge gained from her first hand experience of international legal practice and working with Japanese lawyers to provide you with the tools and techniques you need to deliver effectively your message with maximum impact. Furthermore, through practical inter-active exercises, you will be able to practice developing your presentation skills and gain confidence in a fun, safe and non-judgmental environment.

In short, this course will help you show the best of yourself to others.

【Expected Learning Outcomes】

By the end of the workshop, participants should become more confident and have a greater understanding as to:

  • why effective presentation skills in English are such an important aspect of Japanese (and all) lawyers’ personal and professional development
  • what makes an effective presentation
  • what challenges Japanese lawyers face when delivering effective presentations in English (e.g. anxiety, language issues, limiting beliefs etc.), and how to overcome them
  • how to plan and prepare presentations to gain more credibility and respect, and to create a lasting impression
  • how to own the room and deliver presentations with more confidence and authenticity
  • how to build a greater rapport with and influence and persuade your audience
  • how to create greater impact through the use of persuasive language, voice, pacing, body language and visual aids
  • how to structure and deliver effective responses to questions