ロースクール新着ニュース

2021年03月25日

2020年度中央大学大学院法務研究科修了式を挙行しました

 2021年3月24日(水)、市ヶ谷キャンパスにおいて、2020年度中央大学大学院法務研究科修了式を挙行しました。修了式には5月の司法試験受験を控える中、73名の学生が出席し、学長より修了生総代に学位記が授与されました。

 修了式後、引き続き、ベストティーチャー賞の表彰式が行われました。ベスト・ティーチャー賞とは、ロースクールにおけるFD活動の一環として開設以来毎年度実施しているもので、学生の評価・意見に基づき、決定しているものです。今年度は修了生に投票権を与え、在学中(未修3年間、既修2年間)の学修を通じてベスト・ティーチャーと考える教員を3名連記で投票してもらい、上位3名のベスト・ティーチャーを決定しました。表彰は、実際に投票した修了生の代表から、同賞の1位から3位に選ばれた3人の教員へそれぞれ行われました。

 式典終了後、各クラスに2名ずつ配置されているクラス・アドバイザーの先生から学位記が手渡され、さらに、市ヶ谷キャンパスの模擬法廷教室にてクラスごとに集合写真撮影が行われました。撮影されたクラス写真は同日に撮影された個人写真やスナップ写真と併せて卒業アルバムに掲載され、中大ロースクールの特長であるクラス運営による温かく細やかな指導の集大成として、後日全修了生に配付されます。

 修了生の今後のさらなる飛躍、ご活躍を教職員一同願っております。