ビジネススクール「勉強しなくては」と思い立ったときにチャレンジを!

藤曲 亜樹子 2018年9月入学 日本ユニシス株式会社 組織開発部長

CBSを選んだ理由は“カリキュラム” “教授陣” そして“9月入学”

CBS(中央大学ビジネススクール )では、経営戦略を軸に、マーケティング、人的資源管理、ファイナンス、経営法務と、経営機能全般に関して、バランス良く勉強できます。経営についてきちんと学ぶのが初めてだったため、経営全体を勉強したい自分に適していると思いました。また、これらの授業で教鞭をとる教員が、それぞれの分野で著名でそこにも魅力を感じました。特に、人的資源管理分野の佐藤博樹教授は、システム部門に勤務していたときに当社で講演していただき「管理職も学び続けることが大事」と仰っていたことが印象に残っていました。
CBS入学を決意した理由は、9月入学があったことですね。大きな人事異動で4月の慌ただしいなかで入学するよりも、少しタイミングをずらして、新しい組織で落ち着いた時期に入学した方が身になると思いました。また9月入学者は4月入学者の半分以下の人数。最初から同期全員の顔と名前を覚えられ、輪の中にすっと入り込めたのは、9月入学の大きなメリットだったと思います。また、プロジェクト研究のゼミも4月入学よりも人数が少ないので、教授にじっくり指導していただけるのも嬉しいですね。

学びの場に年齢や立場は関係ない

私がCBSに入学したのは50歳を過ぎてから。入学前は30、40代の学生とのネットワークに入れるかが不安だったんです。ですが、いざ入学してみるとグループ・ディスカッションや日々のコミュニケーションを通じて、徐々に打ち解けるようになりました。年齢を気にして入学を躊躇している方がいるかもしれませんが、CBSに来れば、学びの場では年齢や立場は関係ないと実感できるはずです。

独自のコミュニティ「CBS Network」で修了生とネットワークを作れる

また、CBSは教授陣、学生たちの距離が近いので、じっくりと学べる環境だと思います。加えて、在校生と修了生からなるCBS倶楽部が主催する、約800名のメンバーがFacebook上で登録する「CBS Network」やコミュニケーションを通じて卒業生とネットワークを作れることも魅力です。
あとは、働きながら学ぶ人に学びやすいカリキュラムがあるという点。火曜日から金曜日までの毎日夜間、土日も開講しており、その中から自分のスケジュールに合わせて授業を選択できるのもCBSの良いところです。

きっかけは突然の人事異動:求められた経営への理解

これまでIT企業でシステムエンジニアとして28年間、お客様のシステム開発を行ってきましたが、2018年4月の組織編成でコーポレート部門へ異動。同部門で組織開発部長を担当することになりました。人事異動の通達を受けたのは突然でした。組織開発部では、システムエンジニアとして長年勤めてきた自分からすると、まさに転職したと言えるほど異なる仕事を担当することになり、まず「勉強しなくては」と思いました。
これまでも管理職を担っており、セミナー参加をはじめ、自分なりに勉強してきたつもりでした。ですが、コーポレート部門の組織開発部で求められるのは、グループ全体の経営戦略に基づいて組織や人材のケイパビリティを向上させるという役割。的確な戦略を立案するためには、経営を理解せずして、その役割は果たせません。そこで、CBSへの入学を決意しました。当時は多少の不安はありましたが、私の人生のモットーは「人生経験したもん勝ち!!」。
そのため、不安よりも、新しい世界に踏み出す好奇心で、ワクワクしたことを覚えています。

苦手意識を克服して視野を広げられた

これまではファイナンスや法務に苦手意識があったので、自分から触れようとはしてきませんでした。ただ、経営について学んでいく過程で、自分の興味ある分野だけを学んでいたのではダメだと認識させられ、苦手な分野の講義も受講するようにしました。講義に追いつくのは大変でしたが、最後までやりきることで「苦手なことにも楽しいと思えることもある」という気持ちや、達成感を感じることができました。
今の時代、ネットを開くと答えがすぐにみつけられますが、それでは自分の興味のあるものだけを深掘りしてしまい、視野が狭くなってしまう。リーダーに求められるのは、偏らず広く視野を持つことだと思うので、自分の苦手なジャンルを学べ、見識を広げられたことは、非常に良かったと思います。

仕事が生き生きとできる環境を生み出すリーダーを目指す

将来、経営に関わっていくために、修了後も引き続き聴講制度やプレDBAの仕組みを使って学んでいきたいと思います。不確実性が高く複雑な時代にあっても、日本に“元気な会社”が増えるよう、さらには人生の多くを費やす仕事の時間を、生き生きと過ごせる環境を生み出せるようなリーダーになっていきたいですね。
働きながら大学院に通うというのは、時間のやりくりをはじめ、難しいように思えますが、CBSなら単科履修が可能なため、一科目からでもお試しで受講できます。まずは単科コースからはじめるのがおすすめですね。
また、4月は環境の変化が起きやすい。新しい環境への移行でバタついている4月よりも、9月入学のほうが腰を据えて勉強をはじめられると思います。ただ、9月にしろ4月にしろ、入学を検討している方は、思い立ったときにチャレンジしてください!
私がそうだったように、学び始めると「もっと早く学びはじめればよかった」と感じるはずです。少しでも早く学ぶためにも、その場で二の足踏むのではなく、勇気を踏み出して一歩を踏み出す。そうすることで、必ず世界は広がっていくと思います。