• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

中央大学学術シンポジウム一覧

中央大学学術シンポジウム研究叢書
1.『震災と都市―阪神大震災をめぐって―』

第16回中央大学学術シンポジウム研究叢書編集委員会 編、1998年9月刊、188ページ、定価2,400円<税別>

まえがき
あいさつ 中央大学学長 外間 寛
第1部 研究論文
被災区分所有建物の復興 ―権利変換方式の効用と限界― 法律・行政チーム 山野目章夫
アジアの国際物流ネットワークと阪神・淡路大震災の影響 経済・企業チーム 塩見 英治
林 克彦
阪神・淡路大震災に伴う神戸港の貿易取引に関する一考察 経済・企業チーム 中迫 俊逸
精神医学と阪神・淡路大震災 社会・市民生活チーム 岡上 和雄
震災後の市民生活 社会・市民生活チーム 林 茂樹
兵庫県南部地震と地盤工学 自然科学チーム 國生 剛治
阪神・淡路大震災がエンジニアに残した教訓 自然科学チーム 平野  廣和
第2部 学術シンポジウム記録
あとがき