ビジネススクールイベント

CBS創立10周年記念シンポジウム第10回「ヘルスケアプログラム2018構想発表会-新たに始まるヘルスケアプログラムの全体像とは」を2018年1月26日(金)開催

日程
2018年1月26日(金) 19:00~21:00
場所
後楽園キャンパス 3号館31100教室
講演者

真野俊樹先生 

【略歴】
•1987年名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士(京都大学)、MBA。
•臨床医を経て、95年9月コーネル大学医学部研究員。外資系製薬企業、国内製薬企業のマネジメントに携わる。
•国立医療・病院管理研究所協力研究員、昭和大学医学部、多摩大学医療・介護ソリューション研究所教授、政府委員など数多くの公職を経験する。ヘルスケアに関して国際的な視野での著書や論文を数多く発表。
 
【ヘルスケアプログラムディレクター】
•真野俊樹先生の近著『医療危機』(講談社現代新書)にも示されているように、真野先生は現実の医療に関わるマネジメントと政策に該博な知識を持つ第一線の研究者です。
•真野先生はヘルスケアビジネス界のオピニオンリーダーであり、その発言は各界で大きな影響を与えてきました。
中央大学ビジネススクールでは、社会人を対象として、2018年度からヘルスケアプログラムを立ち上げます。従来の5分野の学修と合わせ、この分野のリーダーに不可欠な知識と研究の場を提供します
内容
中央大学ビジネススクール創立10周年記念シンポジウム第10回
「ヘルスケアプログラム2018構想発表会-新たに始まるヘルスケアプログラムの全体像とは」
•2018年1月26日金曜日19:00~21:00
•受付開始 18:30-
•会場:中央大学後楽園キャンパス3号館11階31100号室
•19:00-19:30 ヘルスケアプログラム概要説明
•19:30-20:30 真野俊樹先生講演「ヘルスケアビジネスの課題と解決」
•20:30-21:00 Q&A
 
•中央大学ビジネススクールではヘルスケア産業におけるリーダーの育成を目指し、真野俊樹先生をプログラムディレクターに迎えて、2018年度から新たにヘルスケアプログラムを立ち上げます。
–プログラムの対象は、病院・クリニックなど医療従事者だけでなく、製薬、薬品流通、医療機器、食品飲料・IT・サービス・リサーチ・コミュニケーションなど「健康」に関する幅広い産業に従事する社会人を対象としています。
本ビジネススクールの戦略を始めとする5分野のビジネス基礎力を学びつつ、さらにヘルスケア産業の知識とスキルを修得します。
定員

70名

参加費

無料

参加手続き

申し込み:メールにてお申し込みください。
 ・宛先:cbs@tamajs.chuo-u.ac.jp
 ・件名:CBS10周年第10回「ヘルスケアプログラム2018構想発表会」1月26日参加希望   /  

・本文:所属、氏名(フリガナ)、連絡先のメールアドレス(CBS修了生、在校生の方はその旨をお書きください)をご連絡ください。

企画実施名義

中央大学ビジネススクール