商学部実態調査報告書

テーマ: 韓国ソウル市における情報環境の実態調査
ゼミ名: 竹田ゼミ
調査先名称: 韓国ソウル市
調査期間: 2018年9月3日~2018年9月6日
授業科目名: 演習Ⅰ・Ⅱ演習Ⅲ・Ⅳ、グローバルフィールドスタディーズ
参加学生数(学年別): 3年生 2名 4年生 6名

調査の趣旨(目的)

韓国ソウル市における情報環境整備の状況について調査する。
海外の地域の文化や慣習について情報環境を通して理解し、異文化相互理解のスキルを身につける。

調査結果

韓国における公共の場における情報環境の状況について、事前学習を行った上で、韓国ソウル市を実態調査した。
9月3日 移動日
9月4日 ソウル市の中心的な通りである乙支路周辺、世宗路周辺について調査を行った。また徳寿宮でも調査見学を行った。午後は学生街であり、先端的な文化の発信地とされる梨大弘大周辺について調査した。ホテルに戻ってから、韓国の経済的な発展状況やITの導入状況について報告と討議を行い、韓国における情報環境の普及メカニズムや現状について理解を深めた。 
9月5日 昨日に続いて景福宮周辺について調査し、その後東大門地域の商業施設を調査した。夕方より明洞に移動し、特に観光客に対する情報環境について調査した。昨日同様ホテルにおいて韓国ソウル市における情報環境の状況について報告と討議を行った。
9月6日 移動日