商学部潮 清孝ゼミ 海外実態調査報告

タイトル:パリでのビジネス及び会計に関する実態調査
授業名:演習Ⅰ、演習Ⅱ
調査日:2017年 9月 11-12日
参加学生数:3年生 4人、4年生 1人
調査先:Telocom Paris-TechおよびEHESS Paris 日仏財団

調査の趣旨(目的)

フランスにおけるビジネスおよび会計教育の現状や、実務と研究とのかかわりに関して、実態調査を行った。

調査結果

Telecom Paris-Techにおけるビジネスおよび会計教育の現状について調査を行った。同大学においては、アクティブラーニング、なかでもゲームを活用したビジネス・会計教育が盛んであり、その具体的な手法などについて、紹介を受けた。
EHESS Paris日仏財団では、自動車産業などを中心に、実務界と学術界の交流が盛んであり、当財団の支援などがそれらをサポート、促進している状況を知ることができた。
当ゼミでは、年間を通じて、経営及び会計に関するアクティブラーニングを実施ししている。しかしながら、日々の活動と、座学などを通じた教科書的な知識を同時並行的に活用することが十分にできていない。そのような問題点を解決しうる様々な選択肢を知ることができた。