商学部西川 可穂子ゼミ 国内実態調査報告書

テーマ   : 自然の再生と防災
ゼミ名   : 西川ゼミ
調査先名称 : 名古屋市港防災センター・ココ壱番屋記念館・名古屋港水族館など
調査期間  : 2018年9月12日~13日
授業科目名 : 演習Ⅰ
参加学生数 : 16名

調査の趣旨(目的)

ゼミのグループ研究班では、防災、企業における食品ロス問題、ウミガメ保護、赤潮対策、森林活用のテーマを扱っている。それぞれの研究班に関連のある名古屋地区の施設を訪れて、体験学習やヒアリングを行った。

調査結果

名古屋市港防災センターでは、地震体験、伊勢湾台風についての3D映像や音響・照明等による再現を見学した。また、火災発生時に重要となる煙避難体験もし、防災のための基礎を体で感じることができた。ココ壱番屋記念館では、担当者に食品ロスに関するインタビューを行った。ウミガメや赤潮については、名古屋港水族館でウミガメとその生態、海の状態などについて知見を得て、今後のゼミ研究に活かす情報を入手できた。