商学部渡辺 岳夫ゼミ 実態調査報告

タイトル:渡辺ゼミ 実態調査報告
本文:(株)きものブレイン調査報告
調査日:2017年8月31日
参加学生数:3年生17人、4年生10人
調査先:(株)きものブレイン本社工場

調査の趣旨(目的)

(株)きものブレインで導入されているアメーバ経営の実態と障碍者雇用の実態についてヒアリングすること。

調査結果

(株)きものブレインでは,アメーバ経営が導入されているとともに,特に障害者雇用に熱心な取り組みがなされている。今回の調査では,同社の工場を見学し,さらには同社の人事部の責任者から,同社の特徴的な人事施策・能力開発法についてご説明いただくとともに,アメーバ経営の導入状況などについてご説明いただいたうえで,ヒアリングさせていただいた。

その結果,同社では,アメーバ経営による小集団採算制度の導入とともに,利他主義や大家族主義を旨とする経営理念の浸透策も同時的に実施しており,採算制度と理念浸透の同時的な導入の重要性が示唆された。また障害者については適材適所に配置することにより特別扱いではなく,自然な形での雇用を実現することが工夫されていた。