商学部新着ニュース

2019年06月25日

商学部 柚木理雄特任准教授の取り組みがテレビ朝日「ワイドスクランブル」や日経新聞等において特集されました

 商学部 柚木特任准教授が取り組んでいる空き家を利活用した地域活性事業が、5月31日に放送されたテレビ朝日「ワイドスクランブル」や日経新聞6月1日朝刊で特集されました。また、6月17日には人と住まいの未来を考えるWEBサイト【Think Leopalace】においても特集記事が掲出されました。

【前編】東京の空き家利活用が地域活性化ビジネスの源に! 『空き家が世界の人々をつなぐ場に? 空き家利活用で生まれたゲストハウス 〜株式会社Little Japan〜』
【後編】東京の空き家利活用が地域活性化ビジネスの源に! 『地域と外国人をつなぐコミュニティの役割と新しいライフスタイルの創出 〜株式会社Little Japan〜』

 2019年度にスタートした柚木特任准教授が担当する【ソーシャル・アントレプレナーシップ・プログラム】のうち、「ソーシャル・アントレプレナーシップ・プロジェクト」では、奥多摩三村(檜原村・小菅村・丹波山村)の各村が抱える課題の解決に向けて、各村の地域資源を活かしたサービス・商品開発に商学部生が挑戦しています。

 今後の活動情報に是非ご注目ください。

2019年度中央大学商学部と奥多摩三村(小菅村、丹波山村、檜原村)との交流・連携に関する協定締結に関するニュースはこちら

■柚木理雄 特任准教授 担当科目シラバス
ソーシャル・アントレプレナーシップ・プログラムA1(ソーシャル・ビジネスの実務)
プログラム演習Ⅴ(ソーシャル・アントレプレナーシップ・プロジェクトⅠ/SEPⅠ【檜原村】)
プログラム演習Ⅴ(ソーシャル・アントレプレナーシップ・プロジェクトⅠ/SEPⅠ【小菅村】)
プログラム演習Ⅴ(ソーシャル・アントレプレナーシップ・プロジェクトⅠ/SEPⅠ【丹波山村】)