商学部新着ニュース

2020年05月26日

中央大学商学部とフォルトゥナ・デュッセルドルフが日本初のカレッジ・パートナーシップを締結しました

中央大学商学部は、ドイツにおけるプロサッカーリーグ「ブンデスリーガ」の1部に所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフとカレッジ・パートナーシップを締結しました。

これにより、2020年度からフォルトゥナ・デュッセルドルフの協力を得て、世界のサッカーリーグの中でも最も経営的に成功しているといわれるドイツに1週間滞在し、サッカークラブ経営の最先端を学ぶことができるようになりました。

当該講座は、商学部が設置するプログラム科目「スポーツ・ビジネス・プログラムB2(グローバル・スポーツ・ビジネス・キャリア/GSBC)明治安田生命協賛講座」と称し、渡航に際しては明治安田生命相互会社からの寄付で奨学金も給付されます。

 

■クリスティアン・コケ フォルトゥナマーケティング役員のコメント
このパートナーシップを通じ、我々は更なる国際化に向けて大きな一歩を実現することができます。日本との友好関係は我々にとっては非常に重要なことであり、中央大学と新しい関係性を築くことにより、日本の方々とこれまで以上に積極的な交流をしていくことができることを誇りに思います。デュッセルドルフにお越しいただき、我々のクラブで1週間の研修プログラムに参加される学生の皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

 

■担当教員 渡辺岳夫 商学部教授(商学部長)のコメント
中央大学商学部は、2019年度からスポーツ・ビジネスのプログラムを新設いたしました。そしてそのプログラムの中に、フォルトゥナ・デュッセルドルフと提携した講座を設けることができたことを心より嬉しく思っています。
中央大学の学生たちは、フォルトゥナでの研修を通じて、世界でも最先端のサッカービジネスの一端に触れることができます。その経験は、個々の学生の成長に大きく寄与すると同時に、今後の日本のスポーツ・ビジネスの発展のために活かされることになるでしょう。

 

※「スポーツ・ビジネス・プログラムB2(グローバル・スポーツ・ビジネス・キャリア/GSBC)明治安田生命協賛講座」は、2020年度秋学期開講科目です。また、本講座の開講に際しては、新型コロナウイルス感染症の収束状況や対策を十分考慮いたします。


フォルトゥナ・デュッセルドルフ公式サイト ニュース 「中央大学がフォルトゥナの“COLLEGE PARTNER”に」

フォルトゥナ・デュッセルドルフ スタジアム新聞 #928 にも掲載されています(ドイツ語)46ページ下段

本件に関する詳細(プレスリリース)はこちら。

商学部「プログラム科目」はこちら。