商学部新着ニュース

2019年07月25日

【商学部】奥多摩三村の商品・サービス開発にチャレンジしている「ソーシャル・アントレプレナーシップ・プロジェクトⅠ」(柚木特任准教授担当)のプレゼンテーションが新聞各紙に掲載されました

 2019年度に新たにスタートした奥多摩三村(檜原村・小菅村・丹波山村)各村の地域資源を活かしたサービス・商品開発に挑戦する「ソーシャル・アントレプレナーシップ・プロジェクトⅠ【檜原村】」において檜原村とTV会議システムで中継を結び実施した報告会(プレゼンテーション)の模様が7月18日(木)『西の風新聞』および7月19日(金)『西多摩新聞』に掲載されました。

 プレゼンテーションでは、商学部生から、檜原村特産のジャガイモやゆずを使ったシートマスク、はちみつを使用したスポーツ飲料、ミード(蜂蜜酒)といった商品開発に関するアイディアが発表され、現状の課題等について、坂本村長はじめとする自治体の方々と意見交換を行いました。

 引き続き本プロジェクトでは実際の商品開発に向けて学生が活動を継続していく予定です。今後の活動にも是非ご注目ください。