商学部新着ニュース

2019年07月24日

附属高校の生徒を対象に、学部選択セミナーを開催しました

スポーツ・ビジネス・チャレンジ演習/実習(明治安田生命寄付講座)  履修生のお二人

 7月13日(土)多摩キャンパスにおいて、附属高校4校(中央大学高等学校、中央大学杉並高等学校、中央大学附属高等学校、中央大学附属横浜高等学校)の生徒を対象に、学部選択セミナーを開催しました。

 

 当日は各附属高校出身の在学生およびOB・OGにご登壇いただき、学生生活や学問、卒業後の進路についてのお話をお聞きしました。身近な先輩たちの話を聞くことで、学部選択について考えるきっかけとなったようです。

 

登壇者一覧

  • 有限責任あずさ 監査法人勤務(2018年会計学科卒業)
    阿部 汐里 さん(中央大学杉並高等学校)
  • 東日本旅客鉄道株式会社 勤務(2015年会計学科卒業)
    竹田 興平 さん(中央大学附属高等学校)
  • 経営学科フレックス・コース 3年
    堀 康太 さん(中央大学高等学校)
  • 経営学科フレックスPlus1・コース 2年
    佐藤 未空 さん(附属横浜高等学校)
  • 金融学科フレックスPlus1・コース2年
    髙澤 あゆみ さん(附属横浜高等学校)

参加生徒の声:中央大学附属横浜高等学校1年 後藤駿太郎さん

「将来はスポーツ・ビジネスに関する職業に就きたい」と談。

 セミナーに参加した後藤さんは、中学1年生の時、新聞で江戸川区陸上競技場で5,000人の集客をめざしてサッカークラブの経営にチャレンジしている中央大学商学部の学生のことを知り、スポーツ・ビジネス・チャレンジ演習の受講を目指して中央大学附属横浜高等学校に進学。

 セミナーでは、附属横浜高校出身のスポーツ・ビジネス・チャレンジ演習履修生2名が登壇し、演習の内容や進行中の企画についてお話を聞かせてくれました。終了後、「中学の時から講座のことは個人的に調べていましたが、実際にお話を聞いて新たに知ったこともあり、ますます興味が湧いてきました。自分はJリーグのサッカー観戦が好きで試合会場に行きますが、設営スタッフの人々とファンが一体となってつくり出す会場の雰囲気がすごく好きです。大学に入学したら、自分もぜひこの講座を受講したいと思います。」と笑顔を見せました。