商学部新着ニュース

2015年12月22日

渡辺岳夫ゼミが山梨県小菅村のPR活動に挑戦しています

渡辺岳夫ゼミオリジナルの化粧水 『タマドロップ(Tama Drop)』

■活動概要

 商学部渡辺岳夫ゼミの2年生は、急速な人口減少に苦しむ多摩源流の里、山梨県小菅村の活性化のために「一村一美運動:美で美を守る」をテーマとして1年間近く活動してきました。この活動の趣旨は、村の認知度の向上や移住者の増加を目的として、村の物産を利用した化粧品を開発することにありました。

 この度、渡辺ゼミの化粧水開発班は、小菅村産のわさびと源流水を使った自然の恵みたっぷりの化粧水『タマドロップ(Tama Drop)』を、㈱エイチケア様のご協力のもと、開発することに成功しました。この商品名は、《Tama》の部分については、小菅村が源流域にあたる多摩川の「多摩」そして中央大学のある「多摩」から、また《Drop》の部分については、源流の「雫」が集まって多摩川として都内を流れ、そして東京湾さらに太平洋へ注ぐように、この化粧水が小菅村を世界へ広げる「一滴」となるように、という思いから付けられました。

 

■物産展の開催

 タマドロップをはじめ、小菅村の特産品を三井アウトレットパーク多摩南大沢様のご協力のもと、以下の日程でゼミ生が販売します。

 

 開催期間 : 2016年2月7日(日)~2月11日(木・祝)

 場  所 : 三井アウトレットパーク多摩南大沢

        2階リーボックファクトリー前

 販売商品 : タマドロップ(渡辺岳夫ゼミオリジナル化粧水)、

        小菅村特産品(村の花からとれたハチミツ、刺身こんにゃく、手作り味噌など)

 

 自信を持ってお勧めする小菅村の美味しいものを多数用意しております。是非、お立ち寄りください!

渡辺岳夫ゼミ化粧水開発メンバー

 田中 麻衣 (経営学科2年)

 松本 安由実 (経営学科2年)

 大内 奈美 (経営学科2年)

 櫻井 まり (会計学科2年)

 黒木 美香 (商業・貿易学科2年)

 

化粧水制作日記はこちら。