• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ロースクール
国際ビジネス法務セミナー①

〈新日本法規財団寄附講座〉CLS法曹リカレント・無料セミナーのご案内
2016年度夏期セミナー① 〈国際ビジネス法務―コモンロー圏留学・資格取得案内―〉

中央大学法科大学院では、新日本法規財団のご協力を得て、法曹のみなさまの職域を拡大するための法曹リカレント教育を実施しています。
2016年6月には、イギリスの法曹資格(ソリシター)を得る目的でイングランドを中心としたコモンロー圏への留学を検討している方に対し、留学のために必要な準備も含めた留学案内、また日本の法曹資格を有している方が日本国内での遠隔授業と現地の短期授業を受講して試験によりイギリスの法曹資格を取得する方法についての2016年度夏期セミナー①を6月17日に開催します。皆様もご存じの通り、イギリス法は、国際ビジネス法務の準拠法として相当の割合を占めており、イギリスのソリシターの資格を保有することは、アジア圏で法曹として活動する際にも有力な武器になると思われます。法科大学院修了生の方も早い時期からのキャリアプランニングに有益です。どうぞ、奮ってご参加ください。
なお、6月18日・25日土曜日各午後には、2015年度冬期セミナーのプログラムの中からとりわけ満足度の高かった法律英語のライティングとドラフティングの2日間のセミナー(2016年度夏期セミナー②)も実施しますので、6月18日・25日のご案内もご覧ください。

【開催形態・内容】

基本的に英語で行われる予定ですが、適宜、講師あるいはコメンテーターから日本語による要約があります。逐語訳はありません。
イギリスのソリシター資格があり、ソリシター養成学校での講師経験がある講師から、留学するにあたって必要な語学力その他準備すべき事項や現地での勉強、また、近時改革のあった、大陸法系の国(例えば日本)の法曹資格を有している者が、一般より簡易に法曹資格を得られるコースについて、フレンドリーな雰囲気でお話しいただきます。
なお、本セミナーは、地域における職域拡大に貢献するため、地方大学等への遠隔授業の実施を予定しています。

【開催スケジュール】

2016年6月17日(金)18時~19時30分
※講義終了後、希望者には学外にて講師との懇談を予定しています(費用は各自負担)。

【開催場所】

中央大学市ヶ谷キャンパス(曙橋)
※教室は受講登録者に連絡します。

【受講資格・定員】

法曹資格を有する者または過去に法曹資格を有した者・2015年度以前に法科大学院修了資格を有する者
上限50名程度(遠隔授業での受講者を除く)
※2015年度冬期セミナーの内容とは重複しておりません。

【受講料・資料】

受講料無料・資料は当日配布
※特に事前準備の必要はありません。

【セミナー講師・コメンテーター一覧】

講師:Tami McGonigal (Solicitor of England and Wales)
※講師のプロフィール詳細は、2016年度夏期セミナー②の講師紹介欄をご覧ください。
コメンテーター:山田八千子(中央大学大学院法務研究科教授・弁護士・村下法律特許事務所・Visiting Scholar of LSE(London School of Economics in England 1995-1996)).

【申込期間・方法】

※募集終了致しました。

2016年6月1日(水)~6月10日(金)

※申込者が多数の場合には先着順とさせていただき、受講登録の可否をお知らせします。申込期間内での募集締切がある場合には、その旨をウェブサイトに掲載します。

申込フォームをダウンロードし、必要事項を記入いただき、2016年度夏期セミナー①連絡先メールアドレスにお送りください。

2016年度夏期セミナー①連絡先メールアドレス
e-mail:cls-seminar@tamajs.chuo-u.ac.jp