• 中央大学で学びたい方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 一般・地域の方
  • 企業・研究者の方

ロースクール
海外研修プログラム

グローバル化が進む現代社会では、法的紛争の国際化に対応できる能力と資質を備えた法曹が求められています。「英吉利法律学校」の伝統を受け継ぐ中央大学法科大学院は、国際的分野で活躍する法曹を志す皆さんを、強力にバックアップします。

Study Abroad Program

中央大学法科大学院では、法曹資格を得た後のキャリア形成までも視野に入れ、座学としての外国法科目に加え、正規科目として海外研修プログラムを実施しています。これらのプログラムは、カリキュラム上「Study Abroad Program」として位置づけられており、修得単位は修了に必要な単位に算入されます。
いずれのプログラムも、研修先大学の著名な教員から直接講義を受けるだけでなく、法律事務所や企業を訪問し、国際的法務の最前線での法運用を学ぶなど、実践的内容を含むよう工夫されています。参加者の中には、将来的に外国法曹資格取得を目指す人もいます。

プログラム一覧(2017年度)

内容 実施場所
1 SAPⅡ 紛争解決における法律家の役割について、いわゆる一国二制度を採用する香港のシステムを学修する 香港特別行政区(中国)
2 SAPⅡ 司法制度およびビジネス法の日豪比較 メルボルン(オーストラリア)

※SAP:「Study Abroad Program」の略、Ⅰは1単位、Ⅱは2単位科目